熱帯魚水槽のpH(ペーハー)は酸性?アルカリ性?

水には酸性からアルカリ性のpH(ペーハー)値がありますが、これは熱帯魚飼育においても非常に重要な項目です。

しかし、残念ながらpHは人間の目から見てもわからないんですよね。

これから熱帯魚を飼う場合は、購入予定の熱帯魚の適正pH、既に飼育済みの場合は水槽のpHチェックは必ずするようにしましょう。

スポンサーリンク

熱帯魚水槽のpH酸性とアルカリ性とは?

熱帯魚水槽に限らず、水にはpH値があり、酸性~中性~アルカリ性に分けられます。中性に近いと弱酸性や弱アルカリ性と表現したりしますね。

そもそもpH(ペーハー)とは、酸性かアルカリ性かを数値で表したものです。pH7が中性、7より数値が小さくなるほど酸性、大きくなるほどアルカリ性を示します。

一般では、pH3~6を弱酸性、8~11を弱アルカリ性と表現しますが、アクアリウムの表現基準とは少し違うように感じます。

アクアリウムの目安ではpH6~6.9までは弱酸性、pH7.1~7.9までは弱アルカリ性といったところで、熱帯魚飼育はだいたいこの範囲になるでしょう。

ちなみに、日本の水道水のpHは地域によって若干異なりますがほぼ中性です。

これが水槽の諸条件によってどちらかに傾いていくのですが、そのpHをしっかりと管理調整することが上手な熱帯魚飼育の基本となります。

熱帯魚や水草と適正pHが合わないと健康的に飼育することはできません。良質な水を保つことはもちろん、適正水温だけではなくph面にも気を配りましょう。

pHが酸性かアルカリ性か測定する方法

熱帯魚水槽のpHチェックは簡単にできます。と言っても人間の感覚でのチェックは難しいので熱帯魚用具に頼りましょう。

pH測定としてはpH試験紙やpH測定器など、使い捨てのものから繰り返し使える機器まであり、正確性もそれぞれです。

pHを測る回数が多くなるなら、高精度でしっかりした測定器を購入するのが費用対効果は高くなるのでおすすめです。

pHメーター

価格目安は5000~10000円。電池タイプでデジタル式。繰り返し使用でき、測定誤差も少なく精度も高め。

このタイプの使用者が多く、私もこのタイプを使用しています。

pH試験紙

価格目安は500~1000円程度。水に1秒間浸し、付属のカラーチャートと比べることで測定します。数字としてはわかりにくいので目安としての使用がおすすめです。

安価で気軽に使いやすいですが使い捨てなのがマイナス点。まずはこれから始めるのもいいでしょう。

pH試験薬

価格目安は1000~2000円程度。水を試験管に入れ、そこに試薬を入れて、付属のカラーチャートと比べることで測定します。これも試験紙と同じく、数字としては出ないので見た目での判断となります。

こちらも使い捨てとなります。亜硝酸や硬度の測り方もこの方式となることが多いので、慣れておくのもいいでしょう。

水が酸性になる原因

自然な形で適正pHを維持するのが無理がないので、水がどうして酸性になるかを知っておくことは重要です。

水が酸性に傾く(pHが下がる)要因をざざざっと。

・魚のフンや老廃物などの汚れ
・co2を添加
・流木
・新しいソイル
基本的には、なにも手入れをしないと老廃物によって酸性に傾きがちです。

水がアルカリ性になる原因

逆にアルカリ性に傾く(pHが上がる)要因も。

・酸素添加(エアーレーション)
・鉄、マグネシウム、カルシウム要素(石、サンゴ、貝殻など)
・水草のカリウム肥料
・大磯砂
アルカリ性に傾くことは、石系やエアーレーションによることが多いケースかもしれませんね。
スポンサーリンク

pH調整剤

上記の要因などでpHは上下しますが、pH調整剤(降下剤、上昇剤)によって簡単にpHを調整することもできます。

pH調整剤の使用の注意方法としては、思わぬ数字まで水槽の水のpHが下がってしまうことがあり、熱帯魚がpHショックを起こしてしまうことがあります

pHの急激な変化を避けるためには、バケツに用意した水にpH調整剤を入れ、それを水換えに使用して徐々にpHを調整する方法です。水槽に直接pH調整剤を入れるのは避けてください。

自宅の水道水のpHを測り、こまめで少しずつの水換えによって中性近くを保つのが基本的な水槽水の管理でしょう。

ただ、pH調整剤によって調整されたpHは作られたもので、pH環境そのものを変えることではないことに注意してください。

pHに影響する要因を変えなければまたどちらかに動いていきますし、pHを急激に変えることは熱帯魚や水草にとって好ましいことではありません。

酸性やアルカリ性に極端に傾いたり、短時間でpHが動くなら水槽やろ過機の環境を見直す必要もあるかもしれません。

pH調整剤は簡単にpHを変えることができますが、万能ではなくリスクもあることを覚えておいた方がいいでしょう。pHは自然な環境で調整されているのがベストです。

酸性とアルカリ性どちらがいいか?

熱帯魚水槽の水が酸性とアルカリ性どっちがいいかというのは一概には言えません。と言うか、飼育する熱帯魚や水草によります

アルカリ性を好む熱帯魚、酸性を好む熱帯魚、それぞれです。ただ、中性に近い弱アルカリ性、弱酸性に調整管理しておくのが無難でしょう。

それぞれの魚にベストのpHがありますが、中性付近なら混泳も問題がないことが多いですし、こまめに水換えをしていると以前に6.5~7.5ほどに維持されるはずです。

逆に、こまめに水換えをしているのに、6以下や8以上になるならなにか問題があることが多いです。色々な水槽内の要因を考えてみましょう。

最後に

熱帯魚水槽において、pH値は非常に重要な要素の一つです。

熱帯魚飼育する際には、自宅水道水のpH値を知っておいて、飼育したい熱帯魚に合わせて環境を整え調整していきましょう。

pHを調べる際は感覚ではなく、しっかりと器具を使用して維持管理していくのがおすすめです。

こまめにpHを測ってみると、どういう状況の時にどう水が変化しているかも知ることができますし、アクアリウムレベルの上昇に繋がるので、面倒がらずに楽しんで知識を満たしていってみてください。

check

 

スポンサーリンク