ドライブレコーダーの必要性とメリットデメリット

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの必要性とメリットは日々大きくなっていると感じます。

煽り運転や危険運転による事故やトラブルなどが大きく問題視されていますが、車の運転には常に危険が伴うことを意識しておかなければなりません。

ハンドルやペダル操作を一つ間違うだけで人生が全て変わってしまうことすらあり得ますし、自分がいくら注意していても事故やトラブルに巻き込まれてしまうことも100%は避けられないでしょう。

そのために注目されているのがドライブレコーダーで、ドライブレコーダーを付けていることで自己防衛に繋がることは間違いありません。ドライブレコーダーは公的にもおすすめされて来ているくらいです。

物的証拠があるかどうかは大きな分かれ道なので、車を運転する方はしっかりとドライブレコーダーを付けていきましょう。これからの時代に間違いなく必須になってくるはずのカーアイテムです。

スポンサーリンク

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは車載カメラで、運転走行時の周辺状況を撮影しておけるカーアイテムです。

基本的にはメモリー内でどんどん上書きされていくので、放っておいても常時録画となっています。

機能も拡大され、通常の常時録画と、巻き戻し録画、駐車監視機能(衝撃を感知して録画開始、常時録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存、動体を検知して録画等のタイプ)といった事故やトラブル防止メインの機能から、前方衝突警告、車線逸脱警告、標識読み取り、発進遅れ警告などの運転支援機能までも搭載され始めています。

スマホ連動で、撮影動画や画像をSNSへ投稿できるスマート機能も時代を感じますね。これで様々な楽しみ方をすることも可能です。

価格帯は数千円~3万円といったところで、お求めやすい割に効果は高く、コスパ的にも非常におすすめのカーアイテムです。

ドライブレコーダー最新人気ランキング

ドライブレコーダーの必要性

ドライブレコーダーの必要性は、やはり事故やトラブルが起きた時の正確な状況の記録です。

事故は、お互いの意見が食い違うことも多いですし、ほんの少しの状況の違いによって過失や責任の割合が変わってきます。

正確に状況を伝えられないばかりに、被害者なのに加害者になってしまうということも少なくないでしょう。最悪、人生が一変してしまいます。

これをドライブレコーダーの映像があることによって防げるわけですね。

相手が逃げてしまった場合に、ナンバーや車種や車の色を覚えきるというのも難しく、これもドライブレコーダーがあれば映像記録によって解決です。

車を運転する際の自己防衛のためには無くてはならないアイテムに間違いないでしょう。タクシーなどの業務用車には標準的になりつつありますし、これから一般的にもどんどんと標準装備になっていくのではないでしょうか。

ドライブレコーダーのメリット

車ドライブレコーダー

ドライブレコーダーのメリットは必要性に通じる部分も大きいですが、そのメリットは多岐に渡ります。

事故やトラブルの正確な状況記録がメインですが、運転が記録されていることによって自分の運転も引き締まることも間違いないでしょう。「ちょっとぐらいいいか」という運転時の気の緩みは大敵です。

自分ではなく、相方の荒い運転や煽り運転にお悩みの方もドライブレコーダー設置がおすすめです。

また、ドライブ映像を後から楽しむことも可能で、思い出のひとつとして残しておくこともできますし、動画サイトやSNSにアップロードして共有することも可能です。

何か面白い出来事や人気スポットを撮影できて、人気動画ともなれば収入まで大きく発生するのですから言うことなしですね。ドライブレコーダー代金以上の見返りも期待できそうです。

あとは、大きな声では言えませんが、警察による誤った取り締まりを防ぐこともできます。ほとんどは正当な取り締まりだと思いますが、「これはないだろう」「危険回避の状況からしてしょうがないのに」という納得がいかない取り締まりがあるのも現実なんですよね(もちろん悪質な取り締まりもです)。

また、各種センサーや便利機能によって運転支援機能も期待できますし、運転に不安のある方はこういった面でもメリットの大きさを感じることでしょう。

さらには防犯カメラとしての機能にもなるので、治安向上を担う部分もあります(自身への直接的なメリットしては薄いですが)。

センサーや機能向上によって、これからもドライブレコーダーのメリットの大きさは拡大していきそうですね。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーのデメリット

メリットの大きさと比べ物になりませんが、ドライブレコーダーのデメリットも挙げておきましょう。

まず、初期の購入費用が掛かるということで、これは金銭的な負担となります(数千円程度からでも購入できますが)。

自分がやましいことをした場合に証拠になってしまうのもデメリットですね。

会社の業務用の車にドライブレコーダーが付いていると、常に監視されている状況なので、少し気が休まらない面もあるかもしれません。(これは会社側にとってはメリットですが)

ドライブレコーダーで正確な映像があることによって、事故時に本当は自分が悪かったとしても、言いくるめてのごまかしが効きにくくなる部分もあるでしょう。

基本的にドライブレコーダーのデメリットは、正確な映像が残るということでごまかしが効かないという面に集中するはずです。やましくない行動を取っているのであれば、デメリットはほとんどないのではないでしょうか。
車事故

車の危険な煽り運転をやめさせる方法

2017-10-17

まとめ

ドライブレコーダーの必要性とメリットデメリットでした。正確な映像としての記録は、メリット部分が非常に大きいですね。

ドライブレコーダーは「付けててよかった」という評判が圧倒的で、付ける意味がないという声はほとんど聞いたことがありません。

ドライブレコーダーが標準的な装備となれば、煽り運転やマナーの悪い運転への抑止力ともなるでしょうし、これからの普及にも大きな期待をしたいところです。

ドライブレコーダーはカーアイテムとして高い費用ではありませんし、もあなたもぜひドライブレコーダーを付けて事故やトラブルの防止を図ってみてください。動画サイトやSNSでの共有も楽しめますし、非常におすすめのカーアイテムです。

ドライブレコーダーの最新人気ランキングもぜひご参考ください。
ドライブレコーダー最新人気ランキング

スポンサーリンク